FC、フランチャイズオーナー様必見!
賃料適正化で固定費削減!
交渉のプロに頼んでトラブルなし

06-6809-6823 営業時間 9:00〜18:00
メールでお問い合わせをする
今まで、家賃適正化サービス会社を導入して満足されていない企業様へ 交渉力に特化した「家賃適正化コンサルティング会社」です しかも、コンサル料も適正化しています(業界最大手の半分以下)
実は貸主とのトラブルなしで“今の賃料”を減額できるんです!御社も賃料適正化で固定費削減を実現しませんか?
賃料交渉に関わる
多数のスペシャリストが対応

賃料交渉について

現在では、
賃料適正化サービス会社も増え続け、
淘汰される時期になっており、

導入した企業様からは
「成功率が悪い」
「高い」
「少ししか減額できない」
という声をよく聞きます。

正直に申し上げますと、
「賃料適正化サービス会社」もピンきりです。

サービスの導入には、
「会社の選択(見極め)」
が重要です。

基本的には、会社の規模ではなく、
「家賃交渉専門担当者(コンサルタント)」と
面談して決めるべきだと思います
(正直、営業さんは経験値が乏しく、過剰表現の方が多いです)

2008年のリーマンショック後に、
地価、不動産価格が急落し、
「賃料適正化サービス会社」
が急増しました。

正直な所、
当時、家賃交渉はそれほど
難しくはありませんでした。

現在は、アベノミクスや
オリンピック景気の影響で、
テナントの募集価格も上がる傾向にあり、
普通に家賃交渉しても
なかなか応じてくれない状況です。

家賃見直し本舗は、
経験豊富なコンサルタント(1名あたり、成功実績600件以上)を抱え、
同業他社とは異なるノウハウを持っているため、会社全体の成功率は80%を超えています。

(特に関西に特化しており、関西エリアは90%以上です)

実際に、
自社の担当部署(店舗開発、立地開発等)の社員、社長、役員、
もしくは外部の会社で1〜2度、
減額した物件もさらに減額できる可能性も高いです
当社に依頼される物件の7割以上は2度目以降です)

ご相談いただいた、
実に8割以上の企業が
経費削減に成功
しております。

家賃見直し本舗の
"賃料交渉コンサルティング"

固定費削減し、
営業利益を向上させてみませんか?

実績紹介

←左右にスクロールできます→

店舗 減額料金 減額率 現行賃料 改定後賃料
大手B社 H店 ¥31,500 4.00% ¥787,500 ¥756,000
A店 ¥72,800 6.50% ¥1,122,800 ¥1,050,000
S店 ¥40,000 10.00% ¥400,000 ¥360,000
当社 T店 ¥199,500 27.50% ¥724,500 ¥525,000
Z店 ¥307,500 20.60% ¥1,494,000 ¥1,186,500
Y店 ¥110,000 23.90% ¥460,000 ¥350,000

大手B社は平均7%の減額率、
当社は平均15%の減額率!

この他にも豊富な実績が
まだまだあります!

賃料交渉事例

FC店舗や貸店舗での実際の交渉事例を御覧ください。

賃料減額の流れ

お電話いただくか、もしくは下記のメールフォームにて必須5項目をご記入いただければ、賃料交渉のプロフェショナル担当者が、ご依頼の物件に関する無料査定を行います。
(注)調査機関1週間程度いただきます。

本申し込みを頂いた後、さらなる本格的調査を実施し、結果に基づく調査結果をご報告いたします。

ご依頼主様と面談の上、貸主様や管理会社様との交渉に役立つサポートを致します。弊社では、業界トップクラスの交渉スピード実績を持っています。
※ご依頼分の90%を一ヶ月以内に完了の実績あり

減額交渉が成功した際、弊社では減額幅にもとづき、報酬額(期間)を算出させていただいております。(完全成功報酬型)

以上4つのステップで
スピーディに減額交渉サポートを行います。

よくある質問

一度、家賃交渉に失敗した物件だけど大丈夫?
大丈夫です。当社に依頼されている約7割の物件が2回以上交渉されている物件です。
なぜ賃料が下がるの?
ビルインの場合、同じ広さ、同じ階でも、契約金額は入居時期・家賃交渉の有無によって大きく異なります。

「大家との関係が良好だから」
「長く借りているから」
といって、安くなるわけではありません。

実際は、入居時の交渉力や入居後の交渉が上手なテナントは、他のテナントより安く借りています。

ロードサイドの物件は、100m離れているだけで、坪単価が大幅に違います。

立地条件に左右されるのはもちろんですが、比較対象がない為、坪単価は大家様のさじ加減となります。
大家様との関係は悪化しないの?
長い間物件を借りれば、物件は古くなり、不動産価値は年数の経過とともに下落していくものです。

法律を盾に交渉したり、強引な値引きを行うのではなく、大家様にも納得して協力していただけるよう話を持って行きます。

テナント様が移転を考えていないのであれば、契約期間の延長を大家様に提案したりもします。

大家様もいつ撤退するかわからないテナントに対しての減額は何色を示されますが、長い間入居し続ける意思表示をすることで、大家様も安心して貸すことが出来ます。

大家様にとっても、突然退去される心配がなくなり、両者の信頼関係はより強くなります。
お問い合わせ無料!
適正価格診断から
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

企業名・店名※必須
ご担当者名※必須
業種
住所※必須
電話番号※必須

※差し支えなければ、ご担当者様の携帯番号をご記入下さい

メールアドレス※必須
物件所在地
入居年数
現在の資料
坪数
備考